« | Home | »

2008/11/28

最近、ストレスがたまっているのか何なのか。
「妊婦中にでちゃう人もいるのよね」と言われたけど。
アトピー発症中。

こどもの頃はちょっとあったらしいんだけど、今更、悩まされるとは…

おかげで、手持ちの市販の化粧品が合わなくなってしまって。
わざわざアトピー用とかのを買い直すのももったい、ということで。
以前ハマった手作りに回帰。
今までズラッと無○良品やラ○コムが並んでいた棚には、グリセリン、ワセリン、クエン酸、尿素、ミョウバン、重曹、エッセンシャルオイルなんかがずらり。
ドラッグストアの一角のよう。

それを見た旦那さままが一言。
「湯川(ガリレオ)かよ」

別に自然のものだから安心、と思ってるわけじゃないですが。
自分で選んで、何を使っているのかわかってるかって、すごく安心できる。
市販品は使用感も保存性も良いし、わたしレベルの手作りでは作れないような商品もたくさんある。
材料集めもめんどくさいかもしれない(わたしは収集癖があるので超楽しい)。
容器もかわいくない。

でも手作りはシンプルな分、肌に合わなければ何がダメなのかわかる。
容器も洗って使いまわせるし、地球に優しいような。

今は手作り&かゆくてダメな時は病院でもらった薬。

ずいぶん良好です♪
そういえばエコな子育てを目指しているわけではないけど、わたしは布おむつ。
紙おむつだから環境に悪いとか、布だからいい、とは一概に言えないでしょうが。
わたしは紙ナプキンだとかぶれてしまうけど、布ナプキンは快適に使えてることもあって。

紙おむつの場合、「1枚いくら」ってわかる分、もったいないと思ってしまうことが多いらしく。
「もう1回くらい大丈夫」って、たぷんたぷんになるなるまで使う人もいるとか。
そう考えるのが嫌で。
実際、1個あたりの単価が高い夜用のナプキンでも、朝ちょびっとだけだと「…もったいなかった」と思ってしまう。
でも、布おむつならどんなに替えても洗えばいいだけ。
挫折する人も多いと聞くので、オークションで揃えています(笑)
さらに布の魅力はお値段。
紙おむつは年間3~5万円かかるらしいのだけど、布は初期投資1万~2万。
オークションとか使えば5千円程度で揃えることもできる。
しかも、布は2人目以降も使える。
産めば産むほど、お得♪(大阪府知事ほど産む予定はないですが)
さらに、手アレが気になるのと楽チンだから、掃除や食器洗いもアクリルたわし・重曹・石鹸でほとんど済ませていて。
野菜は有機の宅配。
なんだかとってもエコ。
目指したわけではないのに、エコ(笑)

でも、妊婦になると、そういう風になっていく人が少なくないみたい。
mixiのコミュを見ててもそう感じる。
「次の世代」を如実に感じるからかもしれないし、自分が快適だからかもしれない。

しかも布おむつ。
20代の親世代なら必ず使っていたので。
「教えてー」と言って、母に手伝ってもらうこともできる♪
母娘のコミュニケーションもとれて、楽できる。

2008/11/28 12:00 | 妊婦と赤子のあれこれ | No Comments