« | Home | »

2011/02/25

おそまきながら。
我が家にもiPhoneがやってきました!!
フリップ入力に四苦八苦しております。
が、触ってるとなんだか使えるようになるので、やはり”直観的”を売りにしているだけあるなーと思います。

ふと、twitterで、見て気になったのが。
アンケートで、「5歳以下の子供で靴紐を結べるのは9%、スマートフォンを使えるのは19%」というのが明らかになったらしい。
(実際には、泳げる○%とか、自転車に乗れる○%とか、いろいろあるみたいだけど。私が見たのはそれだけだった)
これで検索かけると某巨大言いたい放題サイトに繋がってしまって、元ネタを私の能力では発見できなかったので、ご了承くださいませ。

一定の年齢以下で、実際に靴ひもを結べるとか結べないとか、自転車に乗れる乗れないっていうのの個人差って、結局親のやる気みたいのが大きくからんでくるから、子ども本人の責任だけじゃないのですよ。
月齢だってからんでくるし。
小学校低学年のうちは、やっぱり早産まれとそうでない子ってのは差があるみたいだし。
で、子どもの責任じゃないとすると親の責任になって、親の責任はその親の責任で。
でもその親たちの頃はそんなのなくて云々とか。
じゃぁ、ゆとり教育にしようと言いだしたのは誰だ、ってなっちゃって。悪いのは誰だって。
犯人捜しても意味ない。

私は結局そういうのは社会の責任だと思っているので。
20歳以上の、選挙権のあるやつ全員の責任、と。
なのでそこを議論する気はないのです。

それに、体が平均より不自由な人でも使えるのがテクノロジーではないかと思うので。
靴ひも結べなくても、泳げなくてもPC使えるって、ある意味正しいのではないかと思うのだけど。
どうなのだろう。

まぁそういうまじめなのは置いておいて。
今回は単なる私のかるーいゆるーい話。

王子も実家のiPadを触りまくっているので。

画面を触るとなんかなる。
アイコンを触るとなんかなる。
画面外枠の黒いボタンを押すと、画面が変わる。

と、その程度は完全に理解していて。
自分が相手をしてほしい時に私がiPhoneなりiPadなりを使っていると、強制黒ボタンされます…。

最近は自分の写真を撮れとポーズもするので。
撮ってあげた写真を嬉しそうにページをめくってみたりもします。

私が子どもの頃には、Windows95が発売されて。
早くノートPCで授業が受けられるようになればいいのに、と思っていましたが。
(それは単純に字が残念な感じで下手くそすぎるので、文字を書きたくないだけという理由だっけど(笑)

この子達が小学校に上がる頃には、本当に教科書もノートもiPad的なものになるのかなーと思ってしまいます。

朝、先生が来たら「はい、じゃぁ宿題を送信してください」てな感じだったり。
黒板の替わりに電子黒板で、「はい、じゃぁ次のページ送信するよー。きてないやついるかー??」みたいな。
親に渡さなくてさんざん怒られた親向けのプリントとかも、全部親のPCに送信とか。

そんな世の中になるのかなーと、結構思ってしまいます。
私が小学生の頃は、インターネットがこんなに早くなって動画をケータイで見られたりする世界なんて想像できなかった。
その早さは本当に加速度的だと思うから。
王子が小学校に入る4年後には、ランドセルじゃなくて、iPadを入れる専用のケースをの色を親と一緒に選ぶ様になるのかも、なんて思っています。

それはそれでおもしろいなー♪♪

2011/02/25 11:20 | 子育て雑記 | No Comments