« | Home | »

2009/12/07

付き合い始めて4年目に入り、結婚して2年半以上。
掃除・洗濯・ゴミ捨てはいつも旦那さまが担当し、わたしは散らかすのと汚すのと物を増やすのが仕事でした。

というのも、うちの素晴らしい旦那さまったら、家事力がやたらと高いんです。
料理を除けばその家事力の高さは、わたしも含め、JunkStageスタッフ女子陣が束になっても敵わない感じです。
付き合ってる最中も結婚して職場の近くに住んでいる時も、毎朝、歯を磨き終わった後に鏡と洗面台をぴかぴかに磨き、出勤前に部屋に掃除機をかけていく人です。
そんな料理以外の家事力の高さに惚れて結婚したわたしは、日曜日の午前中、旦那さまがひたすら掃除している最中にぼーっとテレビを見ているという、実家に住んでるニートのような生活を送っていたわけです。
これで、料理までできるようになっちゃったらわたしはどーすればいいのかなぁ??と思いつつ。
シーツをめくられたベットでまだ粘って寝ていたり。
自分でも、どうしてこんな女を好んで嫁にしたのだろう??この人は、と不思議に思っておりました。

が!!!
最近、なんだかちょっとずつ家事に目覚めてきまして。
毎日掃除機をかけ。クイックルワイーパーを滑らせ。洗濯物を片づけ。床のワックスがけまでしてみる始末。
どうしちゃったんでしょうか。
これでは旦那さまのやることがなくなってしまうので、逆に、食器洗い機の使い方を覚えてもらってる最中です。

そもそも。
わたしがこんなに率先して家事をやるようになったのは、王子のおかげ。
王子が夜更かしちゃんで平気で就寝が23時とかだったのです。
それを強制すべく、21時就寝を目指すことにしたんが始まり。
我が家は旦那さまの帰りが18時40分頃と早いのがありがたいところ。
まずはお風呂→夕飯→王子就寝、という流れ。
風呂大好きなわたしたちは1時間は平気で浸かっているのが問題点でした。
なもんで、今までのように旦那さまが帰宅後に洗濯物を片づけ、掃除機をかけてからお風呂に入っていたのでは夕飯が21時。
王子の就寝時間に間に合いません。
そこで仕方なく、わたしが洗濯物を片づけ、掃除機をかけておくことになりました。
旦那さまが帰ってくるまでに掃除機をかけ、洗濯物を片づけ、夕飯の用意をして、自分だけお風呂に浸かって本を読んでいるようにしたい!!と思い、やってみたら意外とデキる、わたし!!
しかも、わたしだけお風呂に浸かっていると、バスタブにつかまり立ちし、水面をばしゃばしゃ叩いて王子が遊んでいてくれるのでゆっくり本も読める。
超快適!!

そんな感じで家事の比重が徐々にわたし側に傾いてきた今日この頃。
早起きにも目覚めてしまったのです。(どうした、わたし!!)
これまた王子のおかげで。
だいたい3時半~5時くらいまでに王子はお腹が空いて目覚めるのです。
その時に当然起こされておっぱいをあげるのですが、自分だけがんばって起きる。
そうすると、朝からぼーっとできるし、ゆっくり紅茶も飲めるし本も読めるしパソコンもできる。
旦那さまが起きるまでにお弁当も作れるので、キッチンに入ってこられてもイライラしなくてすむ(わたしは自分の作業中に手伝いでもないのにキッチンに入ってこられるとすごく嫌)。
超!!快適!!

しかもついでに、苦手だったミシン君とお友達になれてきたのが楽しくて。
カタカタカタカタおむつカバーを制作中。
ついでに、バスタオルでバスマットを作ってみたり(というほどたいしたものであはないですが)。
どんどん「素敵な奥さん」っぽい技術を習得しております。

そろそろ主婦と言う名のニートから、ちゃんと主婦に昇格しつつあるようです。

結局、自分の”快適”を作るのは自分ですねー。

2009/12/07 12:20 | 子育て雑記 | No Comments