Home > 妊婦と赤子のあれこれ

2008/11/04

実はJunkStageのスタッフをやらせていただいでいます。
主に更新作業がわたしの管轄なのですが…。
どうにもこうにも8/31体質のため、毎週金曜日に仕事をまとめてやることが多い。

そもそも妊婦は眠い。
勤労している妊婦の方に怒られそうなわたしの1日はこちら。

旦那さまと同じ時間にベットに入り(0時頃)、旦那さまをベットの中から見送り(8時頃)、
二度寝と三度寝を経て起床(11時頃)。
朝ごはんにフルーツを食べ、温かいお茶を飲んで。ぼけー。
体温がいつまでも上がらないので、笑っていいとも!を観ながら昼ごはんを作って食べる(12時半頃)
お腹がいっぱいになると、赤子がぐるんぐるん動くので、休憩(13時頃)
強烈な睡魔によって動けなくなり、昼寝(14時頃)
活動再開(16時頃)
夕飯の準備(18時半頃)
夕飯(19時半頃)
再び赤子大暴れにつき、休憩(20時頃)
お風呂(21時頃)
お風呂から出る(22時半頃)
読書(23時頃)

という、専門学校時代、9時5時で授業を受け、家事をこなし、バイトをし、宿題と予習・復習をこなし、平日は睡眠3時間でテストで良い点をとることに燃えていたわたしはどこへ行ってしまったのでしょうか……。
読書といっても、最近はマンガばかり。あんなに経済書とか読んでいたのに…。

さすがに金曜日は昼寝を削ったり、お風呂を削ったり、読書時間を削ってJunkStageの仕事にせいを出す。の、ですが。
2時間もパソコンの前に座っていると、赤子が暴れ出す。
赤子が暴れても無視していると、頭痛と肩こり攻撃。

この内臓が総動員でぐるんぐるんされる感じ、男性には一生理解してもらえないでしょうが。
ほんと、「○○様、その件につきましては現在確認中ですので、確認がとれ次第ご連絡いたします。ご迷惑おかけして申し訳……云々」なんてメールを書いてる場合じゃないんですよ。
蹴られたり、触られたり、みじろぎされたり。
感覚は違うのだけど、落ち着かない。

そんな感じで今日もいろいろ邪魔をされ。
活動時間は10時間程度。

「産まれたら何ヶ月かは3時間おきに起こされるんだから、寝とけってことだよ」と旦那さまは言いますが(バツイチ、子もち)。
わたしにだってやりたいことがあるんです!!

……あぁ。でも眠い。

そろそろ昼寝の時間……です。

12:00 | 妊婦と赤子のあれこれ | ■(激しく怠惰な)妊婦の1日。 はコメントを受け付けていません
2008/10/22

先日実家に帰り夕飯を食べた後。
「なんか、お腹の中でやわらかいキューピーがみじろぎしてる感じがするんだけど」と、母上に言ったところ。
何言ってるの?という顔をされ、一言。「子どもが動いてんのよ」

「内臓が動いてるんじゃなかったんだねー」と付け加え、そんな話をしたことを旦那さまに話したら。
「内臓動いてんのわかるわけ??」と言われた。

……わからないのでしょうか????
それは置いておいて、胎動のお話。
5ヶ月頃になるとわかる人が多いらしいです。
わたしはもうすぐ6ヶ月なので、遅い方なのかもしれません。

この時期はまだ羊水の中をぷかぷかしている感じなので、逆子とかになっていても心配はありません。
母曰く、「夕飯食べた後が一番動く」との事。
お腹が大きくなるにつれて、よく暴れる子だと、お腹が変形するくらい蹴ったりするそうです。
5ヶ月程度だと、お母さんだけが感じられるか、手を当ててじっとしてるとなんとなく感じる程度です。
「親が緊張してると絶対動かなくて、母体がリラックスしてるとよく動くんだって」と旦那さま。
「今日、免許更新しにドライブしてる時、めっちゃ動いてたよ?」と言ったら。
「あなたはどんだけ注意力散漫で運転してるの!? だから財布忘れて更新できないんだよ」と言われてしまいました。
……確かに2時間かけていった免許センターで財布を忘れたことに気づき、更新できなかったわたしですが。
そこと結び付けなくたっていいじゃないかと思う次第です。

とりあえず悔しいので。
「お母さんをお父さんが虐待するよ……」とお腹に手を当てて言ってやりました。

常々、「5ヶ月すぎると音声とかを認識するから、子どもの悪口言うと嫌われるよ」と言っているので。
「……申し訳ありませんでした」と謝られました(笑)
この悪口の話は本で読んだもので。
男の子が欲しかったおじいちゃんが、女の子とわかった赤ちゃんが胎内にいる時、
「なんだ女か」と言ったのです。
すると、産まれてきた女の子は誰にでもニコニコしている人見知りのない子なのに、
おじいちゃんだけにはニコリともしなければ目もあわせないのです。

それだけ胎内でも音声や映像(母親の見ていた景色や映画を覚えているケースがいくつも報告されている)に対して認識し、
記憶する能力を赤ちゃんは有している、というお話でした。

決して夫婦ののろけ話ではありません。

12:00 | 妊婦と赤子のあれこれ | ■もぞもぞ=リラックス?? はコメントを受け付けていません
2008/10/14

母親学級なるものに行ってきました。

核家族化によって妊婦が孤立することが多く、どうしていいかわからない! という問題を改善するために。
とかいう感じで始まったらしいこの「母親学級」。
自治体や、大きな病院が主催していて、特に初産の妊婦はほぼ強制的に参加させられるようです。

だいたい月齢(妊娠何週目か)が同じくらいの妊婦が多いので、友達作りの目的もあるよう。
明らかにお腹が出てないのはわたしだけで。
みんなマタニティ服を着ている。

内容は、仲良しこよしのための自己紹介。
出産シーンのビデオ鑑賞。
妊婦・授乳中の栄養のとりかた。

「A先生(産科で一番えらいらしい)に、産まれる前日に男って言われました」
って自己紹介で言ったら、助産婦さんが困ってました(笑)
妊娠中期の栄養摂取量って、2000キロカロリーもあります。
栄養士の勉強をしている友達に訊いたところ、2000キロカロリーって、体育の授業をまともにやってる女子高生が摂取するべき量だとか。
お肉は50gを3回、豆腐は100g、ごはんは200gを3回…みたいに書いてあるんだけど。
それに対して、塩の上限が8g。
油が小さじで2杯と少し。
その友達いわく、「糖尿病患者みたいな味付けになるね」とのこと。
うどんやラーメンを汁まで飲み干せば、塩8gなんて簡単に摂取できてしまうそうな。
「妊娠すると一時的に高血圧になりやすいけど、検診で注意されるまで普通に食べてていいと思う。
その代わりに、塩分を排出する働きのあるカリウムを多く含んだワカメとかひじきとか意識して食べればいいと思うよ」とのアドバイス。
そんわけで、安心して(?)食事の変更はなし。
一応、妊婦には欠かせな葉酸・カルシウム・鉄分を多く含んだ食材をチェックし、それにカリウムの多いものをプラスして。
そういう食材を使うように心がけることにはしています。

いくら赤子のためとはいっても。
病人食みたいなうすーい味気なーい食事、楽しくないもん。
母親が楽しくないことは赤子にもよくない! ということをよく言われるので。
高血圧になって塩分制限をされるまで、普通の味付けのごはんを食べるよ!

元々、低血圧でよかった(笑)
 

12:00 | 妊婦と赤子のあれこれ | ■母親学級行ってきました。その1 はコメントを受け付けていません
2008/10/03

妊娠5ヶ月目(17週)に突入。
この1つの体の中に心臓がふたつあるという不思議体験も、あと半分。
意外と短いものです。

この頃になると、本当に安定期。
軽い運動をすすめられたり、病院や自治体の開催する母親学級なるものに出席せねばなりません。

先日。
検診している病院ではなく、実際に出産をする病院に行ってきました。
ニュースなどでたびたび取り上げられるように、世の中は産科・小児科不足。
婦人科(婦人系の病気や、妊娠の検診はするけど産めない)はあれど、産科(実際に出産をする)がない病院が多いのです。
わたしが産まれた病院へ、出産の予約をしに行きました。
大事なのが、この「予約」。
「分娩予約」というのですが、これをしておかないと、産まれそうなのに病院をたらいまわしってことが本当におきるのです。

いわゆる「里帰り出産」(都会で暮らしているけど、出産は実家に帰って行うこと。やはり実母がいると心強いし、実家は家事などに追われずにすんで楽なので、里帰りは多い)でも同じです。
32週目(9ヶ月目に入る頃)までには帰ります。
検診病院と出産病院が違う場合は、問題がなければこの頃から出産する病院での検診に替わります。

さて。5ヶ月頃になると。
赤子の大きさは25cm、300g程度。
髪の毛や眉毛、爪が生えてきます。
筋肉や神経が発達してくるので、羊水(子宮の中で赤子が浮いている水。古代の海の成分に酷似しているらしい)の中で動き回るようになります。
胎動(赤子の動き)を感じるようになるのもこの頃から。
先日の検診でも、うちの赤子、両手で両頬を包み、口を開けたり閉めたり。
白黒画面の超音波検診では目と開けた口が真っ黒に塗りつぶされ、ムンクの「叫び」に見えて仕方ありませんでした。
そんな「叫び」な赤子↓。
1003munk.JPG

妊婦の方は、つわりが治まり食欲が増す人が多く、急激な体重増加が始まる人が多いようで、また乳腺が発達し、お腹のふくらみも目立ち始めるようです

なぜ「よう」なのかと言うと。
それは未だにわたしがつわりに苦しめられたり、太る兆しがないからです(笑)
さすがに毎朝のように胃液を吐いたり、食べたものをほとんど戻す、というようなことは減りましたが。
体調がすぐれないと気持ち悪いし、朝は3日に一度くらいの頻度でヲエっとなります。
胸は大きくなったし、青筋が目立ってきたものの、お腹が膨らんできたりもしていません。
検診でも「小さめ」と言われたので、そんな風になってくるのはもう少し先なのかもしれません。

最後に、ちょっとした話。
5ヶ月くらいになると、早い人は性別がわかります。
超音波でおちんちんが見えれば、男。見えなければ女、なのです。
曖昧でしょう?
手がそういう風に見えて男と言われてしまったり、ずーっと見えなくて女と思われている場合も多々あるようです。
わたしも病院で「まだわからないよ」と言われました。
わたしはどっちでもいいのですが。

そんな報告をしに実家に帰ると。
「先生誰だった?」と母上が言いました。
わたしが産む病院は、母上がわたしを産んだ病院でもあるのです。
「A先生。いい年した先生だった」と答えると、「A!?本当!?」と驚愕する母上。
実はこのA先生。
わたしが産まれる前日の検診で「これは絶対男だねー。カルテに書いておくから」と言った先生。
もちろん産まれたわたしは、現在妊娠しているのだから女なわけで。
母上が入院中にすれ違うと、「あ、男だったでしょ?よかったねー(母上は男が欲しかったらしい)」と声をかけたとか。
「……女でしたけど」と母上が答えると。「ほんと?あれ?おかしーな。絶対(ちんちんが)ついてると思ったんだけどなぁ」とまで言ったらしいのです。
まったく失礼なもの。
そんなわけで、わたしは産まれるまで医者の言う性別は信用しないことにしています(笑)
みなさんも、お友達などへの出産祝い、性別を意識するものは産まれてからにしたほうがいいですよ♪

12:00 | 妊婦と赤子のあれこれ | ■分娩予約、してきました。 はコメントを受け付けていません
2008/09/09

8月の終わりに海で遊び、くらげに刺されて大変なことになった水野晶子です。
子どもの頃虐待された傷跡のようになってしまっているんです。
それでもスカートを履いていたら、愛する旦那さまに「DV受けてる妻みたいだからやめてくれ」と言われました。
そんなこと言われても…ねぇ?

akago12.JPG
さて、わたしは現在妊娠12週です。
超音波の写真も人間の形がはっきり認識できるようになりました。
矢印は、頭、腕、へその緒、足、おしりです。頭からおしりの先まで5,5センチ。
へその緒が妙に太く見えますね。
妊娠3ヶ月目に入ると、普通であれば胎盤がしっかりしてくるのではがれる心配がずいぶんなくなってきます。
ちなみにいわゆる安定期は5ヶ月目から。
何度か流産している方や、人工授精の方は、5ヶ月をすぎるまで安心できません。
安定期をすぎると、つわりもおさまる人が多いので(人によっては出産するまで続くので、お気使いお忘れなく)、軽い運動を勧められます。
主にウォーキングやマタニティスイミング、マタニティビクス。最近はマタニティヨガなんかも人気。
妊娠をすると、胎盤の剥離を防ぐために腹筋や腸の運動が弱くなるので、とても便秘になりやすいのです。
便秘改善の一環としても、運動をして筋肉や腸に刺激を与えることが必要なのです。
ついでに、最近は8キロまでしか太らせない、なんて話を聞いたことありませんか?
運動しないで食べすぎて太りすぎると、妊娠中毒症という出産しずらくなったり、妊婦に悪い影響を与え、最悪母子共に死に至る病になってしますのです。
そのために「運動しろ」「カロリー制限しろ」「塩分制限しろ」と言われるのです。
でも実際、スポーツクラブは妊娠が発覚すると退会させられるところが多く。
マタニティスイミングなどもやれるところは少なかったり。
「妊娠中に取り返しのつかない事故があったら」というのもわかりますが、どうせ責任なんてとらないんだから、やらせてくれればいいのにと思います。
真夏の暑い時期に汗だくになってウォーキングなんてしたくありませんし。
電車の優先席だって「お腹に赤ちゃんがいます」バッチをこれみよがしにしていたって座らせてもらえないし。
妊婦は保健が利かなかったり(今は制限付きで保健扱いにする市町村もあります)。つわりをはじめとした妊婦の大変さがまったくわかってもらえない。
子どもがいるであろう、おっさんですら席を絶対譲らないんだから、妊娠中の奥さんへの気遣いなんてほとんどなかったに違いない。
義務教育で、いかに妊娠は奇跡的で、10ヶ月もお腹の中で生命をはぐくむということが大変かつ素晴らしいことなのか、教えるべきだと痛感しています。

別にしょうがないと思いますが…
つわりでトイレに閉じこもってる時。
リビングから楽しげに食事してるほかの家族の笑い声なんか聞こえると。
本当に悲しくて涙がでます。
「なんでわたしばっかりこんなに苦しい思いしなきゃいけないんだ」って思ってしまいます。
追い討ちをかけるように、タバコぷかぷか吸いながら「双子とかいいんじゃない?」なんてお義母さんに言われた日にゃ……
「誰が産むんだー!!!!」「誰の子じゃー!!!!」って叫んでテーブルひっくり返したい思いにもかられます。
「産んでも絶対触らせない。会わせない」とか心に固く固く誓いたくもなります。

ホルモンバランスが崩れ、感情の起伏が激しい妊娠~授乳中。
妊婦には優しい気遣いをどうかどうかお願いいたします。
でないと、本気で「もうイヤだ。離婚する」とか言い出します(笑) 

12:00 | 妊婦と赤子のあれこれ | ■妊婦は情緒不安定。 はコメントを受け付けていません
2008/08/29

JunkStageをごらんのみなさま、始めまして。
水野晶子と申します。

元々スタッフとして参加していたのですが、今回、妊娠が発覚したので記事を書かせていただくことになりました。
よろしくお願いします。

わたしは現在妊娠9週目です。
さてこの「○週目」というもの。
実はよくわからないという方が多いのではないでしょうか。
定義は「妊娠前の最後の月経(生理)の開始日が0日目」。

例えば。
×月1日――妊娠0週目(妊娠前最後の月経開始)
×月8日――妊娠1週目(妊娠前最後の月経終了)
×月15日――妊娠2週目(排卵→受精)
×月22日――妊娠3週目(着床→子宮内膜に受精卵が接着して吸い込まれること。着床して始めて「妊娠」と認められる)
×月29日――妊娠4週目(次回生理予定日。この頃妊娠に気づく場合が多い。早い人はつわりも始まる)

つまり。
「妊娠2週目」と言ったら、まだ妊娠してない状態なんです。不思議。

ところがこれ、生理の周期が28日じゃない人や、生理不順と言って生理が定期的にこない人には当てはまりません。
じゃぁ「妊娠○週目」なんて成立しないよ! と思われるでしょう。
その場合はいろいろな方法があるようですが、わたしの場合は、胎児の大きさで「妊娠○週目」というのを確定させました。
わたしも生理不順でしたので、通常だったら妊娠5週目程度で病院に行ったのですが超音波などでの妊娠確認はできませんでした。
その2週後にやっと妊娠が確定し、通常だったら9週目の時点で、
「今2センチくらいの大きさなので、5週目ですね。予定日は3/10頃です」
と言われました。

さて。
妊娠5週頃に「検査薬で陽性反応がでているのに、着床が確認できない」状態にあると、「子宮外妊娠」の可能性があります。
つまり、子宮内に着床せず主に卵管内に着床してしまうのです。
子宮内でなければ受精卵はうまく育つことができないので、人工的に流すことになってしまいます。
また母体への影響もあり、卵管を切除せねばならず、自然妊娠ができなくなってしまう場合もあるので早期発見が必要になります。
とにかく生理予定日をすぎても生理がこない場合や、生理予定日前から体調がおかしかったり微熱が続いていたりしたら、
早めに妊娠検査薬で確認し、病院へ行ってください。
学術的な話はここまでにして。
わたしも現在「つわり」に苦しんでいます…。
この「つわり」、現在でもその原因はわかっていません。
4週くらいから始まり、16週くらいで終わるとされていますが、とても個人差があります。
まったく何もない人もいれば、
一般的に「食べ物を戻してしまう」「食べられない」がつわりの症状と思われていますが、それだけではありません。
頭痛、微熱、吐き気、感情の不安定、眠気、便秘や下痢などなど。

わたしの場合は吐き気と眠気、感情の不安定、何より臭いに敏感になってしまって困っています。
駅の地下街、電車の中、隣に座ったおじさんの臭い、特に困るのが愛する旦那さまの臭いがダメ(涙)。
一緒に寝るのも微妙……。
しかも胸が張っているので、触られると痛いし、揺れると痛い。
テレビ番組を見ていきなり泣いたり、イライラしたり怒ったり。
1日10時間以上寝てるのに眠い。
空腹になると吐き気が襲ってくる。
そして辛いのが、寝起きの吐き気。睡眠の質が悪いとひどいのです。
食べ物が胃にないから胃液を戻すしかなく、水を飲んでも吐く始末。
朝も昼寝後も涙を流しながら胃液を吐くわたし。

でも、それさえすぎれて体調が良ければ何でも食べられるのがラッキー。
この前は母に天ぷらソバをごちそうになり、旦那さまには焼肉に行きました(笑)
しかも妊娠中はお酒NGなのですが、まったく欲しくなくなりました。
アルコールが飲みたくないんです。
禁酒する努力も省けてラッキー。
それではまた。

【妊娠9週目の赤ちゃん】
大きさ――2センチ~3センチ。

12:00 | 初めまして、のご挨拶, 妊婦と赤子のあれこれ | ■ある日、キセキがおきまして。 はコメントを受け付けていません

« Previous