« | Home | »

2010/09/03

先日いつもサルサでお世話になってる廣川氏のブルースセッションを見てきた。

ブルース、なんとなくしか想像がつかなかったけど
クラシック的に考察すると(大袈裟!)
ほとんどがⅠ→Ⅳ→Ⅰ→Ⅴ→Ⅳ→Ⅰという基本的な和音進行の繰り返しで
曲が成り立っているらしい。
というわけで基本構成は単純なパターン、それさえ解ればとりあえずセッションできるらしい。
後は和音をちょっと変えたりして装飾したり、アドリブソロを演奏する力があるともっといいらしい。

その日セッションに参加したのは大の男達ばかり。
初めて会った彼らが終始笑顔で演奏、休憩も取らずコードを確認したり練習してみたり、
見ているこっちは涙が出そうになるくらい楽しそうだった。

・・・・クラシックではセッションってあるかしら???。

クラシックのいろんな楽器の人たちが集まって
例えば
「今日はチャイコの弦セレやる~?」とか「フィガロ最初から歌ってみる~?」とか・・・絶対ありえない。
いやいや、あったら相当楽しいし、リハがてらそれに近い状況になることはあっても
わざわざ「セッション」として機会を作ることはない。
うん、やっぱりありえない。

曲の作り方、構成が全然違うから当たり前といえば当たり前なんだけど。

クラシックの場合は大抵楽譜に忠実に音楽を作っていくので
アドリブが重要視されるケースは非常に少ないし、ブルースのように決まった和音進行もないしね。
パターンが分かればセッションできるのは
廣川氏言うところの「大衆音楽の良さ」なんだろうな。

でもさ、その大衆音楽でクラシックのミュージシャンは戸惑っちゃうんだな。
どうやって弾いたらいいか分かんないわけ。
音大でもっと実践的なコードの使い方とか、アドリブの作り方とか、
セッションの授業とかあればよかったのにと思う。
ブルースだけじゃなくいろんなジャンルの音楽、広く浅くでも
授業があればよかったのに~。誰もこんなこと考えてないのかな~?

最近ピアノの教材でも子供向けのジャズやラテンなんかの本が出てる。
時々はそんな教材を取り入れてみるのもありなのかも。
バリバリのクラシックの演奏家になりたい人なら大衆音楽の知識なんていらないかもしれない。
でもそうじゃないなら少しずついろんな事を知っている方が後々演奏する機会も多いだろうし、
よっぽど楽しいんじゃないかな。。。

幸い私はこの欲張りな性格がゆえにいろんな大衆音楽に首を突っ込んでる。
もっと私自身も勉強しなきゃだけどそもそもの音楽の楽しさを伝えていければいいなと思う。

なーんてなんだか最後はとっても真面目になっちゃったりして。
関連サイトもぜひご覧くださいませ。
http://blog.musica-a.com/

mixi

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1574740178&owner_id=14972315

2010/09/03 04:13 | 未分類 | No Comments

Trackback URL
Comment & Trackback
No comments.
Comment




XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">