Home > 11月, 2008

2008/11/11

誘惑の法則、ご無沙汰しておりました。時々復活します。不景気風や北風が吹いている今日この頃ですが、いろいろ無理難題の多いビジネスの現場や、暖かい関係をもとめたいプライベートな場面で、時々思い出して、具体的に「使える」、誘惑の法則をお伝えしております。
_____________________________________

なぜオバマの演説は人々を動かしたのか 

新聞紙上などでいろいろ解説もされている、「演説がえろyouー上手でいろんな肌の人がみーんな涙する」といわれる次期アメリカ合衆国大統領オバマ氏の演説ですが、彼の演説のすばらしさのポイントの一づが、「YOU」という言葉です。

「あなた」もしくは「あなた達」は、と呼びかける口調ですべてを語ります。
現在の苦しい状況を打破できるんだ。人種や宗教や職業や所得や教育の差異を乗り越えてみんなで融和してこの国を再建できるんだ。などなど。その呼びかけにこたえる形で、聴衆は、あの有名なフレーズ「YES,WE CAN」と右手を振り上げて答えるのです。

人種を問わず、職業を問わず、今を生きている人は、現在の生活状況や政治状況に不安を感じています。家族関係や人間関係だって、同じように不安定です。何にすがって生きていけばいいのか、何を信じて生きていけばいいのか、どんな宗教の信者ですら気持ちは揺らいでいます。そんな人々を、一つの方向に誘惑するためのコミュニケーション。
そのキーワードが「YOU」だったのです。

アメリカ国民という多様性のきわみのような人々を「誘惑」したオバマ氏。その演説に、わたしたちは誘惑の法則をみなくてはいけません。あなたは、ビジネスの交渉相手を誘惑するときに、なにを主語にして語っていますか? 色っぽい状況に誘惑したい相手に対して、何を主語にして語りかけていますか? Iですか? YOUですか?

 「WE」ではなく「YOU」をつかおう

他の人から見てどんなに立派でお金持ちで経験豊かな人でも、ホンネのレベルでは、孤独で不安なものです。
とくに情報ばかりが駆け巡るインターネット社会においては、従来とは異なる孤独感が人々を襲います。ネットによる交際も含めて、対人関係もリスクが高くなっています。愛情表現が解釈次第では、ストーカー行為として犯罪扱いになりかねません。
マクロな経済は大きく破綻して、政治にも社会にも暗いニュースばかりです。家庭を振り返っても、理想的な幸せな家族像が適応できない家庭ばかりです。大げさにいうと、希望がどこにあるのか、以前に比べてわかりにくくなっています。資本の論理だけで生きてもいけません。過去の成功イメージを目指すことだけでも生きてはいけません。

そんな一人一人に対して、「あなたは、できるんだ。あなたは、辛い現状を変える力があるんだ」と呼びかけ、勇気付けるオバマの演説には、一人一人がしっかりと自分の胸で受け止めたくなる希望があったのです。もちろん聴衆の中には、実際にはいろんな「あなた」が存在しています。その希望も、当然、同床異夢であることは否めません。それでも、オバマの放つ「あなた」は、多様な夢を描くのに十分な効果を生みました。

ちなみに、以前大統領に一番近い黒人候補だった人は、熱烈な演説で黒人社会に熱狂をもたらしたそうです。彼が使った主語は「WE」。
私たちは、変化を起こせる。私たちは、社会を変えられる。私たちは、幸せになれる。私たちは・・・。
時代が熟していなかったこともあったのでしょうが、彼は反対勢力も勢いづかせる結果になり、人種を超えた大きな支持は得られなかったそうです。
「WE」は、パートナーとしての相手との関係を前提にした言葉です。「WE」はすでに関係のある「同士」であることを前提にしている言葉です。結果として、別の「WE」を想定させる言葉でもあります。WEとWEの対立を前提にした言葉でもあります。ある特定の宗教信者が「WE」という場合、異教徒との対立がクローズアップされる場合もあります。
要するに、誘惑したいと思ったとき、気をつけなければいけないのが「WE」 なのです。
たとえば、それほど親しくもない異性から「僕たちはさぁ」などとWEを使われて違和感を持ったことはありませんか。恋愛の場合は、妄想癖のある、早とちり君が、おちいりそうなケースですね。

すべては「あなた」のため

話を戻すと、オバマ氏のように、「YOU」を主語に誘惑してみよう、という話です。
そのとき気をつけたいのは、なんでも「あなた任せ」ではない、ということです。
どこへ行く? 君の好きなところでいいよ? えーっ。
これでは単なる優柔不断です。オバマはそんな「YOU」を語っていませんよね。

決まり文句は、「すべては、君のためなんだから」。

・・・・・

「なぜこんな寒い季節に京都に来るの?冷え込んで、寒くて、観光客もいなくて、いいことないじゃない」そう不満をいう彼女には、こういってあげましょう。
「君が千手観音をゆっくりみたいってたじゃないか。ゆっくり町家にとまって、しずかにおばんざいを食べたいっていつか言ってたじゃないか。観光客もいなくて、町家にも人が少なくて、ゆっくりおいしいおばんざいをたべるにはこの季節がいいって思ったからだよ。実は、期間限定の秘仏の公開もあるし。すべては、君のためなんだから」
 ・・・・・・・・・

「私とおつきあいしてみませんか。あなたの貴重な体験になると思いますよ。あなたの恋愛力を高めますよ。もっといい恋愛をするための一つのステップとしていかがですか。すべてあなたのためです。」

・・・・・・・・・

「どうして貯金をもちだすの?」「なにいっているんだ。いい出資話があるんだよ。一年もすれば、君がほしがっている夜景のきれいな部屋に住めるんだから。すべては、君のためなんだから」

・・・・・・・・・

最後のは、ほとんど結婚詐欺師ですねー。気をつけてくださいね。化粧品やエステなどのキャッチセールスでも使われますねー。でも、詐欺師ってうまいですよね、この「あなたのため」って。とりあえず、誘惑したい相手がいたら「あなたは」ではじまる言葉だけではじめてみてはいかがでしょうか。

すくなくとも、自分の欲望の表現だけじゃなく、相手がほんとうに嬉しいことを真剣に考えるきっかけになるはずです。

誘惑したい「あなたのため」のメッセージでした。いい誘惑、してくださいね。また、お会いしましょう。

(#8誘惑の法則(5)「YOU」の力。了。 BGM「おしゃれ番長 feat.ソイソース」orange range)